自力でねずみ駆除する方法

ねずみはいつの間にか屋根裏などに棲みつきます。棲みつくと糞尿被害やダニの寄生、病原体の媒介など衛生的に問題があるだけでなく、配線をかじり漏電を起こしかねないなどの危険もあります。棲みついているのに気がついたら速やかに対策を取りましょう。市販品を使って自分でできるねずみ駆除の方法はいくつかあります。

まずはねずみ捕り器や粘着シートなどで捕獲する方法。ねずみは同じルートを通る習性があり、その場所への警戒心は比較的薄くなります。通り道になっているルートは他より汚れていたり、糞尿のあとが残っていることで特定できます。ルートの特定ができたらそこにわなを仕掛けます。

わなにかかったねずみを放置していると死んで腐敗が始まることがあり、大変不衛生ですので、まめにチェックするようにしましょう。また殺鼠剤を用いる方法もあります。最初は無毒のエサのみを設置します。当初警戒していたねずみが食べるようになってから、殺鼠剤をえさに混ぜるようにするといいでしょう。

うまく殺鼠剤を口にしてねずみが死んだ場合、腐敗が始まる前に、できるだけ早く回収して処分することが必要です。ふつうねずみの遺骸は可燃ゴミとして出せると思いますが、自治体のルールに従いましょう。その他のねずみ駆除の方法として、忌避剤を使用したり、超音波発生装置を使って追い出す、というものがあります。追い出した場合は自分で処分する必要がないので、ねずみを回収して処理することに抵抗のある人に向いたねずみ駆除の方法と言えるでしょう。

無事ねずみがいなくなった後は、侵入経路となるような家屋の穴や隙間は金網などでふさぎましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*