小さな蜂の巣なら自分で駆除できる場合もあります

スズメバチの巣などは絶対に素人が手を出してはなりませんが、アシナガバチなどの蜂の巣ならば条件さえ合えば自分で駆除することも不可能ではありません。条件としては、まず小さな物であること。大きな蜂の巣になればそれだけ個体が多く、危険です。まだ出来たての小さな物だけにしましょう。

また、風が強い時も避けた方がよろしいです。用意するものは屋外用の高水圧洗浄機か、高圧水流の出るシャワーヘッドの付いたホースと、ハチ用の殺虫剤。勿論、服装も帽子や長袖シャツなど肌をさらさない物が必要です。小さな蜂の巣にシャワーヘッド、もしくは高水圧洗浄機のノズルを向けます。

この時に水流がしっかりと届く場所にあるかどうか、ということも重要になります。もし、水流が届かないようであれば作業を中止してください。水流が届くならば、一気に蜂の巣の下側から放水します。蜂は羽が濡れると飛べなくなるので、思い切り水を巣の中に入れるようにしてください。

すると、ボトボトと水滴と一緒に蜂が落ちてきます。その蜂に殺虫剤をかけます。風が強いと殺虫剤が流れてしまいますし、水のかかりが弱いとすぐに蜂は飛べますので、注意してください。それを二度、三度繰り返すと中の蜂はほとんどが下に落ちると思います。

そして、巣の根元を棒で叩き落とすかや高枝ばさみなどで切ります。落ちてきた巣に殺虫剤をかければ駆除は終わりです。ただし、この方法は様々な条件が合う場合にしか使えません。巣が頑丈なスズメバチなどには対応できませんし、アシナガバチでも大きな蜂の巣などは下手に刺激をすると大変危険です。

条件が合わない場合は決して無理をせず、駆除業者に連絡するべきでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*