蜂の巣を駆除する前に準備するもの

庭などに蜂が巣を作る被害が増えています。蜂の巣は、ほっておけばどんどん大きくなりますから、見つけたらすぐに駆除する必要があります。蜂の種類によっては、刺されると命に関わる危険性がありますから、駆除する時には蜂防護服を着用するようにしましょう。蜂防護服は、自治体によっては貸し出しをしているところがあります。

蜂防護服がなければ、白系の雨カッパの上下を着用し、さらに頭を守るためにヘルメットや袋をかぶって、手袋と長靴を履きます。肌を露出する部分がないようにするのが大切です。蜂は臭いに敏感ですから、香水やヘアトニックは控えるようにします。蜂の巣を駆除するために、蜂用殺虫剤と虫取り網、蜂の巣にかぶせるための袋を用意します。

蜂の活動時間は、朝から日中にかけて活発になり、夕方から夜にかけて巣にもどってきますから、蜂の駆除は、早朝か夜間にするのが効果的になります。駆除方法は、まず蜂用殺虫剤を巣に噴射します。蜂用殺虫剤は、遠くまで噴霧できるスプレーが多いですから、不必要に巣に近づく必要はありません。殺虫剤をたっぷりかけたら、虫取り網に袋をかけたものに入れてひっぱり落とします。

それをさらに袋に入れて、終わりです。作業中に、巣から飛び出た蜂や巣に戻ってくる蜂がいますから、注意するようにしましょう。脚立に上っても届かないような高さにある巣や、攻撃性が高いスズメバチの場合は、無理をせずに専門の業者に依頼する選択肢もあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*