効果的なゴキブリ駆除

最近のマンションや家は建てる前に防虫処理をしてあることが多いので、あまりゴキブリは出ないようです。しかし、ゴキブリは排水管やわずかな隙間から入ってきますので、年数がたつと、発生します。とりあえず叩いて殺しても、1匹見つけたら30匹はいると思ったほうがいいです。ゴキブリ駆除のためには丸い、ゴキブリが好きな餌が入っている物をあちこちに置き、家型のゴキブリが張り付く物も置くといいです。

 ゴキブリ駆除にいちばんいいのは煙がでるものを半日たくことです。部屋を締め切って押し入れやクローゼットや台所の収納の戸はあけて、ペットなどは別の部屋においておきましょう。そうしないと有害な煙を吸ってしまいます。説明書には2時間と書いてありますが、半日ぐらいした方がいいように思います。

食器とかにはやタオルをかけておきます。終わったら、窓をあけて空気の入れ替えを必ずします。これで、生きているゴキブリ駆除だけでなく、ノミやダニなどのほかの害虫も駆除できます。死がいがあちこちに転がっています。

しかし、タマゴはしぶとく生きているので、翌年に生まれてしまします。ですから毎年、梅雨のあとぐらいにしたほうがいいです。まだゴキブリが小さいうちに駆除できるし、梅雨の間に繁殖したダニなども駆除できるからです。 猫を飼うとゴキブリを見つけたら捕まえてもてあそぶので、なぜかいなくなることもあります。

ネズミも猫を飼うといなくなるのと同じでしょうか。天敵を本能的に避けるのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*