効率よくコウモリ駆除をする方法

日本の野山・民家付近に出現するコウモリは、ほとんどがアブラコウモリであり、体長約5〜10cm程度です。家の屋根裏や通風口、車庫や倉庫の中など、暗い場所を好みます。コウモリの好物は昆虫や木の実で、一見害がないように思えますが、フンによる害が著しく、フェンスやアルミサッシなど、金属の部材を溶かしたり、細菌・病原菌の温床となってしまいます。コウモリ駆除は、追い払っても一度棲みついたところに戻ってくる習性があるため、非常に厄介です。

野生動物であるため、鳥獣保護法により守られており、自治体の許可なしに傷つけたり捕獲したりすることができません。そのため、コウモリ駆除方法は基本的に「追い払う」しかありません。具体的なコウモリ駆除方法としては、コウモリ用の忌避スプレーや忌避ジェル剤を使用することです。ホームセンターなどで容易に入手できます。

コウモリは夜行性であるため、夕方になると外へ飛び立ちます。その隙に忌避剤を使用して追い払いましょう。追い払った後は、フンの清掃も忘れないようにしましょう。不衛生なだけでなく、そのフンを頼りに戻ってくる可能性もあるからです。

また、いつ戻ってくるのか分からないので、定期的に雨戸やシャッターを開けたりして、光を入れてコウモリが滞在しづらい環境を作っておきましょう。コウモリは、6〜8月は出産期を迎え、子どもを育てます。この時期に棲みついてしまうと追い払うのに非常に苦労するので、なるべく6月になる前に、早めに追い払っておきましょう。ねずみ駆除のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*