コウモリ撃退の必要性は存在するのか

コウモリは、体長が30~35cm程度の暗灰褐色の動物で、住宅の屋根裏やシャッター裏、通気口などの場所に侵入し、そこで生息する動物です。人家がない場所に生息せず市街地に生息する傾向がある生き物で夕方になると飛び回る性質を持っており、人に危害を及ぼしたりすることは一切なく、害虫を捕らえて食べるので益獣という側面もあります。そしてコウモリ撃退は、益獣を保護するという鳥獣保護の観点からも捕獲したり殺傷したりする駆除の仕方は違法行為に該当することに注意を要します。ただコウモリ撃退の理由は、住宅に棲みついたケースではその糞尿などが感染症の原因となったり、ダニやノミの害虫に発生に繋がるケースがあるからです。

むやみにコウモリを捕獲して触ったり、糞尿を触ったりすることは適切ではなく、住宅に棲みついてしまった場合は速やかにコウモリ撃退を行うことが肝要です。コウモリ撃退の方法は、まず嗅覚が優れているとされ嫌な臭い、例えば蚊取り線香やハーブの香りなどを忌み嫌うとされます。そういったもので香りを起こして、近寄らずに撃退することが優れています。そのため、香りなどでコウモリの追い出しを行ってからその後に侵入を防止していくという流れとなります。

他にも超音波も効果があり、しかもホームセンターなどでもスプレーが存在するため、それを棲みついている箇所に散布しておくと良いです。もっともコウモリ撃退に慣れていない方は、害虫や害獣などの駆除を専門的に行う会社が存在しますので、そういったプロに相談してから駆除を行ってもらうことも優れています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*