ネズミ駆除をしないことによる危険性

仕事などで家にいる時間が少ないからと、家にネズミが住み着いているのに駆除しないままにすると柱などに傷をつけられることもありますが、ネズミは様々な感染菌を持っているので、身体的な被害をかぶる可能性があります。ネズミにはイエダニが寄生していて、畳などに発生するツメダニと比べると肉眼でも確認できるほど大きいですが、宿主であるネズミが死んだ時やネズミが巣を捨てた後に、新たな宿主を求めてイエダニが家の住人に吸血するケースもあるので、ネズミ駆除をしないままにすると屋根裏などで、宿主であるネズミが死んで家の住人に吸血してしまうこともあるので注意が必要です。ネズミは家の住人が生活していない時に活動するので、ネズミ駆除をしないままにするとネズミが食料を求めてリビングなどに現れてしまい、知らない間にネズミの歩いているところを触って、ネズミに寄生しているイエダニや病原菌に感染してしまうことがあります。ネズミは繁殖力の高い小動物なので、家の中で人知れず亡くなるネズミの数も多くなり、個人の手では対処しきれなくなるので、早めにネズミ駆除を専門としている業者に依頼してネズミを駆除してもらうことで、ネズミによる被害で頭を悩まさないで済みます。

また、ネズミは電気コードをかじることがあり、中の銅線が出てしまうことがありますが、銅線が出てしまった電気コードにネズミが尿を掛けてしまうと、火花が出て火災が起きてしまうケースもあります。超音波でカラス対策のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*