子供にGPSをつけることは人権侵害になるのか

今では、多くの自動車にGPSが装着されており、音声で正確に道案内をしてくれますのでひじょうに助かります。GPSは年々改良させており、かなり高度なものもあり、おまけにコストを抑えることができるようになってきています。そのため多くの人が手軽に購入できますからうれしいことです。またペット用のGPSもありますので、いつどこにいるかを確認できることから飼い主さんにとって安心してペットの行方を知ることができます。

このようにして今ではGPSなしでは成り立たない社会になっていると言っても過言ではないです。スマートフォンにも取り付けてりますから、調べようと思えばその人の行動履歴を知ることもできるのです。さて子供に取り付けた場合はどうでしょうか。子供の行方がひじょうに心配するいう親にとってはありがたい存在かもしれません。

いつどこにいるかを知ることができるので、親が安心するのは無理もないことでしょう。しかし子供がGPSを持つことにどのような考えを持っているかです。おそらく喜ぶ子供さんはいないでしょう。高学年や中学生になれば不愉快になるのは当たり前かもしれません。

自分の行動がすべて知られているわけですから誰だって嫌なおもいをします。いきすぎてしますと人権侵害に発達するかもしれません。家族でよく話しあって、メリットデメリットをよく考えながらコミュニケーションをとっていくといいかもしれません。ですから人権侵害というより必要性の問題です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする