GPSなら離れていても子供を見守ることができる

弱い立場の子供を狙った犯罪というのは後を絶ちません。防犯教育をしたり地域で見守り活動をするなど様々な対策が行われていますが、それでも痛ましい事件が起きてしまうことがあります。子供を狙う犯罪を根絶するのはなかなか難しいかもしれませんが、近年テクノロジーの進歩により新たな子供を守るアイテムが登場してきています。その一つがGPSでしょう。

GPS端末を我が子に持たせておけば、親はスマートフォンやパソコンなどで子の現在位置をリアルタイムで即座に確認することができます。ちゃんと学校に行っているか、問題なく家に向かって帰ってきているかなどを逐一チェックすることができるので、親としてはとても安心できるのではないでしょうか。迷子になってしまった時なども、GPSを持たせておけば、スマートフォンで位置を確認して即座に探しだすことができるでしょう。お子さんにスマートフォンを持たせればいいと考える方もいますが、小さい子にスマートフォンを持たせると、それはそれで別の心配事が増えてしまいますから、やはりGPS発信機だけの方が安心です。

そもそもスマートフォンの持ち込みを禁止している学校などもあります。とても便利なGPSによる見守りですが、過信するのも禁物です。これを持たせていれば絶対に犯罪に巻き込まれないというわけではありません。持っていようが持っていまいが犯人は襲い掛かってくる可能性があります。

知らない人には着いていかない、危険を感じたらすぐに逃げるなど、基本的な防犯知識を教えることも重要です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする