通知機能の豊富さで選びたい子供用GPS

働いている間に子供が留守番をしている時、保護者は何か危険な目にあってはいないかと不安になります。塾に通い始めたらきちんと行っているかも気になりますし、お友達の家に遊びに行ったら約束の時間に帰宅できているかもチェックしたいところです。これらのことを考えると、GPS選びでは現在位置を親側からの要求によって取得できることが第一の条件となり、全ての機種でクリアしている項目ですので、あとは軽さや使い勝手で選べば問題ないと思いがちです。しかし、通知機能にもいくつかの種類があり、様々な方法が用意されている方が後々に便利だと感じられます。

最低限の機能として、親側からの一方的な位置取得だけでなく、GPSを持つ子供側から親のスマートフォン等に発信できるものが望ましいと言えます。道に迷った時や危険な目にあった時、子供側から知らせる手段がなければ意味がありません。GPSを持たせておくことが迷子防止にもなり、いざという時にボタンを押すように教えておけば一定の安全を確保できます。見守ることのできる保護者の人数にも違いがあります。

中には一人が把握できれば十分だと考えるご家庭もありますが、複数人で見守りたいという要望もあるため、GPSによっては複数人を登録できるシステムもあるようです。家族の人数が多い場合や地域の見守りに使う場合には、このような要望が多く出ます。他にも、過去の記録データがどれくらい蓄積されるかは重要です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする