子供用GPSについている保護者への通知機能

子供用のGPSには必ず保護者への通知機能がついています。最低限の機能しか用意されていない機種であっても、子供の位置情報をスマートフォンでチェックできるようになっています。製品によってはGPS本体から登録済みの保護者のスマートフォンに通知を送ることも可能であり、選ぶ機種によって機能は様々です。費用の問題もありますが、できれば機能面の充実している機種を選ぶのがお勧めです。

導入した後に機能が足りなくて上手く使いこなせなければ意味がありません。自動通知機能では、子供がどこにいるかを保護者が逐一チェックしにいかなくても情報が入ります。事前にエリアを登録しておき、その場所に入った時に通知が届く仕組みであり、学校や習い事にきちんと行っているのかを簡単に知ることが可能です。エリアの範囲や設定できる数等はGPSによって差があります。

このあたりが実際に選ぶ時のポイントになりますので、いくつくらいの場所を登録したいのか、子供の行動範囲がどの程度かを事前に調べておきましょう。手動通知では、本体のボタンを子供が押すことで保護者のスマートフォンに現在地を知らせます。ボタン自体はもっとも押しやすい位置に配置されていますので、小さな子でも簡単に通知を送ることが可能です。何かあった時にとっさにSOSを発信できることから、手動通知も意外と重要です。

使い方としては、とっさのSOS以外にも帰宅時間を知らせたり、迎えのお願いをする時等に利用できます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする