ビーコンとGPSの名コンビ!!

スマートフォンやインターネットには、必要不可欠なビーコンの存在を知らない人がほとんどで、大抵の人はGPSの存在しか知りません。そのため、正式にはビーコンでもGPSと言っている人がほとんどです。GPSとは単純に自分の現在地を地図上に表示する技術ですが、この技術だけでは現在地から一番近い店舗や目的地や距離を測定することは、不可能です。しかし、現代ではスマートフォンで気軽に距離を測定することが可能となっているのは、事実です。

この、現在地から目的地までの距離や時間、または、一番近い順に並べたり、目的地までの交通手段を誰でも気軽に表示することが出来るでしょう。これらのことが誰でも出来る様になった裏にはビーコンという素晴らしい技術が使われているのです。ビーコンは装置を設置している店舗や公共施設のみが対象となっており、設置されている装置から電波を発信して対象利用者へと知らせているのです。この装置は各事業者が任意で取り付けているため、装置の購入や設置に掛かる費用などは全てが各事業者が負担をしているために、決して国が提供したものではありません。

また、設置のみに費用が必要なのではなくて、電波を発信しているために、毎月、通信費が必要なので、そのような全体的な維持費も各企業が独自で負担しています。このような各企業の取り組みが現代社会を住みやすくしているのでしょう。ビーコンとGPSの2つの技術が重なって更に素晴らしい技術が生まれているのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする