防犯グッズを活用して犯罪から自分の身を守ろう

ストーカー被害や誘拐、殺人や傷害など様々な事件のニュースを頻繁に耳にします。自分は大丈夫と他人事に思う人がほとんどかもしれませんが、いつどこで何が起こるか分からないのが現代の世の中です。自分の身は自分で守るという意識を常日頃から持ち、徹底した危機管理を持つことが大切です。身を守る手助けをしてくれるものの一つに、防犯グッズがあります。

持ち歩ける防犯グッズには、防犯ブザーをはじめ、GPS、スプレー、ライトなどがあります。特に、狙われやすい子どもや女性が持っておくと良いでしょう。スイッチを入れるだけで音がなったり光が灯ったりなど、使用方法も簡単なので安心です。防犯グッズそれぞれで、より効果的な使用方法があるので、説明書をしっかり読むことがポイントです。

特に子どもの場合は、いざというときに焦ってしまって使い方が分からなくなってしまうという恐れもあります。なので、実際に事件に巻き込まれたことを想定した防犯訓練を行うなど、身体で覚えさせることも重要となってきます。家や家庭を守るという意味での防犯グッズとしては、防犯カメラやステッカー、センサー、照明、ガラス、アラーム、鍵などがあります。犯罪者は、かなり神経を尖らせているので、少しの音や光などにも敏感です。

なので、実際に侵入する前に防犯カメラやセンサーの気配に気づいただけでも、その家には入らないという場合が多いです。つまり、犯罪者を寄せ付けない役割をもはたしているのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする